仕事や写真データの安心バックアップ、新しいパソコンへの簡単引っ越し、ハードディスクデータの完全消去など多機能ソフト
仕事や写真データの安心バックアップ、新しいパソコンへの簡単引っ越し、ハードディスクデータの完全消去など多機能ソフト
80,000人以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトプログラム
80,000人以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトプログラム

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

IPv6トンネル接続を試す。

それでは次回の予告通り筑波大学が学術実験用に運用している
IPv6接続を実際に試して見た結果を報告します。

まずは ここ から必要なソフトウェアをダウンロードします。
本記事執筆時点で最新バージョンは
Ver 3.02, Build 7392 (2011/02/28 リリース版)でした。

次に ここ からユーザー登録をします。

それが済んだら ここ を見ながら先程ダウンロードしたソフトウェアのインストールと
設定を済ませます。

後はクライアントソフトから接続動作をすればDHCPで端末にIPv6アドレスが振られます。

ただ実際使って見て解った注意点を書いておきます。

このサービスはグローバルなIPv6アドレスを割り当ててくれるだけだって事です。
従って自分の使っているISPのキャッシュDNSがIPv6に対応していなかった場合
当然のことながら AAAA レコードの名前解決に失敗します。

自分もその口でした。従って今回は
キャッシュDNSとしてIPv6に対応している Google Public DNS を使用しました。

それでは使って見ましょう。

ipconfig2.jpg
グローバルなIPv6アドレスが振られているのが解ります。

ping1.jpg
IPv6でのPingも無事通りました。
この場合はwww.google.co.jp宛のpingです。

v6test1.jpg

v6test2.jpg
テストサイトでもIPv6できちんと通信が出来る事が確認出来ました。

v6test3.jpg
最後にIIJ4Uのサイトを訪ねてみました。

ちゃんと「via IPv6」と表示されています。
DNSによる名前解決もきちんと出来てIPv6でHTTP接続が出来ているようです。

とまぁ一通りこんな物かなって感じです。
まこれから色々遊んでみようと思います。
スポンサーサイト

IPv6学習用環境を求めて。

World IPv6 Day に沸き立っている世の中ですがいよいよ
IPv6関係の商用サービスもチラホラ始まってきていますよね。

たまたまInternet Watchを見ていたら こんな 記事を見付けました。

何か自分も勉強の為にIPv6をいよいよ使って見るかなぁ。
でも実験的に使うだけで360円/月 はちょっと高いかな?
広いインターネットの事だ。無料で使えるIPv6接続環境が何処かに無いだろうか?

有りました、ちゃんと。ココ! に。
筑波大学が学術実験目的で運用しているものです。
IPv4接続の中にIPv6パケットをカプセル化して送る所謂トンネル接続です。

IPv6の勉強にはこれで充分という訳で
次回はこれを使った実際の接続体験についてレポートします。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログランキング

FC2Blog Ranking

StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Counter
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク