仕事や写真データの安心バックアップ、新しいパソコンへの簡単引っ越し、ハードディスクデータの完全消去など多機能ソフト
仕事や写真データの安心バックアップ、新しいパソコンへの簡単引っ越し、ハードディスクデータの完全消去など多機能ソフト
80,000人以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトプログラム
80,000人以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトプログラム

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

chromecast でdビデオが切れる件。解決しました。

以前dビデオ再生中にエラーで再生出来なくなってしまう現象を
ここでお話ししましたが、本日ようやく解決を見る事になりました。

2014-05-30 203056
この忌まわしい画面です。しかし今日でお別れ出来ました。

原因は意外な所にありました。

うちの家庭内ネットワークは多量のpingなどに代表される所謂
DoS攻撃から身を守る為、基幹のルーターの ファイアウォールで
双方向のICMPパケットを完全に遮断しています。

しかしこれが逆に災いとなって1週間も悩んでしまうとは。

chromecastはどうもICMPを使って自身の存在を何処かに知らせている様なんです。
しかし今まではファイアウォールで遮断されていて当然通信に失敗していました。
その結果、chromecastは”インターネットから切断された。”と勝手に判断し
DHCPサーバに再度アドレスの再取得を試みに行っていたのです。

当たり前です。!dビデオの様なストリーミング再生中に
DHCPの再取得が始まってIPが変わったりすれば当然切断されますわな。

じゃあなぜYoutubeは平気なのと言う声が聞こえそうですが
Youtubeは短時間ならインターネット接続が切れていても
chromecast内にバッファーが有るので再生が継続されます。

しかしdビデオのコンテンツは全てDRMで守られています。
チョットの瞬断でもDRM処理がタイムアウトとなり、再生が中断されてしまいます。

かと言ってICMPパケットを双方向通す様にするのは今時危険なので
WAN側→LAN側へのパケットのみ遮断する様、ルータの設定を変更しました。
その後2時間程chromecastを使っていますが切れる症状は出ていません。

ヤレヤレです。

それにしてもGoogle恐るべし。
ICMPで何を何処へ送信しているのでしょうか?
スポンサーサイト

WiFI環境も新調しちゃいました。

家庭内ネットワークを全て1000BASE-T環境にしたので
ココで思い切ってWiFi環境も新しくしてみました。

どうせ新しくするならばと今流行の5Ghz帯対応の製品で選んで見ました。
価格コムで調べて評判が良かったのがコレ!

思っていたよりも速度が出るものなのですね。

2014-06-04 001433
以前使用していたバッファロー製と余り大きさが変わらないので
置く場所には困りませんでした。(笑)

2014-06-04 001330
スマホとは390Mbpsでリンクしていますね。
さて、実際の速度はどの位出るのでしょうか?

2014-06-03 163505
オット、!有線接続しているPCよりも若干遅い位です。
無線でこの程度出れば充分ですね。

ところで2012年度版のNexus7は5Ghz帯には対応してなかったんですね。
今頃気付きました。(笑)

2013年度版のNexus7から対応していますが、買い換えるつもりはありませんよ。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログランキング

FC2Blog Ranking

StarFirstWatch
3ET製StarWatch
Present's by サンエタ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Counter
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク